2014年以降!アフィリエイトサイトが生き残るために気を付ける部分

2014年以降!アフィリエイトサイトが生き残るために気を付ける部分2014年以降、Googleがより上質な情報を求め価値を必要として行きます。そこに乗っかって生き残るために何が必要なのか?その術は!?その辺を考えてみたいと思います。


 

こんにちは、マメボーです。

2013年も残すところあとわずかですね。

今年のまとめや来年の抱負なんかは
また、近いうちにしっかりと書きたいと思いますが、

今年を振り返って、
パンダだの、ペンギンだの、ハミングバードだの、

なんだかアフィリエイトで激動な年だったと思います^^;

やっと今年が終わる~って一息入れたいですが、
来年の2014年は、さらに激動の年になるって噂もあります。。。

何がどうなるか、いろいろな情報を頂いていますが
より引き締めた戦略が必要になると思います。

特に一番のポイントになってくるのが、ハミングバードです。

2013年9月に実施されたGoogleのアルゴリズム変更ですが、
これが2014年以降始動します。

ハミングバードは導入済みでは?って思う方も多いと思いますが、
じつは9月にスイッチが入った程度で、

本格運用がこれからになるようです。

2001年からあるGoogle理念を一新して
まったく新しく今風に書き上げたアルゴリズムらしいので、

今までとか、去年以前とか、今まで当たり前だったSEO理念が
まったく今後は通用しなくなり、

新しい考えが出来る人だけが生き残る時代になると思います。

何がどうなって、どうなるってことが
全然わかっていないのが、恐ろしい部分ではあるのですが・・・

この部分も来年以降しっかり考えていかないと
手遅れになってしまいますしね。。

ここもしっかりと考えて行きましょう!!

Googleがやりたいこと、どこに比重を置くか、
部分的には出ていますので、ピンポイント的に予測はできるのですが、

例えば、前回ご紹介したこちらの記事
今後、Googleではオーソリティの高いサイトをより上位表示させる!

今後はオーソリティの高いサイトを
より上位表示させるなどと言っているように、

特に専門性が高いサイトや品質が高い本物のサイトだけを
相手にしていきたいって思っていることがわかります。

そもそも今後はSEOって言葉の意味も変わってくると思っていて、

今までのSEO対策とは、

「無いものをいかにあるように見せるか」

「小さいものをどれだけ大きく見せるか」

「一般のものをどれだけ有名に見せるか」

これが全ての考えだったと思いますが、

これからのSEO対策とは、

「どうやって自分の意志を伝えていくか」

「ニセモノでは無く、本物をより本物として伝えれるか」

「どれだけ正確に伝えれるか」

この部分にかかってきます。

なんだかいろいろと考えると難しく考えてしまいますが、
つまり一番大事なことは「偽るな」ってことですね^^

伝えたいだけなら、それも良いですし、
売りたければ、売りたいで良いですし、
残したいだけなら、それもまた良しですし、

しっかりとメリハリをつけて、
売るなら売る、教えるなら教えるなど

1つ1つを分かりやすく単純にすることが大切です。

結構ですね、勘違いをしている方は多いですが、
Google自体は商売自体を嫌っていないですし、
アフィリエイトも禁止していません。

むしろ自分達もネットでビジネスをしている企業として、
企業サイトは大好きですし、
もっとネットで反映して欲しいって思っていると思います。

無料の情報、お金がかからない情報だけが全てではないですし、
それがアフィリリンクだったからといって価値を下げることもありません。

特にGoogleって情報ビジネスが盛んな米国企業ですからね^^

アフィリエイトを行うためにサイトを作って価値を伝えて紹介したり、
情報商材とかもそうだったり、

何かを作る、誰かがそれを参考にして、
そこに価値が生まれるなら、

そこに金銭のやり取りが発生して当たり前ですしね。

偽りが蔓延るから悪に変わるだけで、
価値を共有する行為に対してはどんどん反映するべきだと思います。

2014年はここがはっきりと出てくる年になると思いますので、

売るなら売る!

コンテンツを提供するならする!

このメリハリをつけて行くと良いと思います。

これは以前にも書いたことがあるのですが、

「私も多くのサイトを添削する中で
売り込みが非常に弱いサイトが多い」って書いたことがあります。

売り込みが弱い、もっと売り込めって書くと、
またいろいろと取られ方が変わってくるのですが、

言葉を変えると

「しっかり接客出来ていないアフィリエイトサイトが多い」

ってことです。

お店で例えると、
「非常に綺麗で品揃えもしっかりしているんだけど、
店員が何もしてくれないお店」

そんな感じで思ってしまうサイトは多いです。

アフィリエイトサイトを作るときに、

購買意欲が高いキーワードなら良い、ロングテールなら良い
ボリュームを付ければ良い、レビューすれば良い、
商品画像を載せれば良い、売れている商品を的確に紹介すれば良い、

このレベルでサイトを作れば、売れるサイトは作れるって
思っている方は非常に多いですが、

それは、それでどれも大事ですが、
一番大事で、何より一番に盛り込む部分は、

「で、なんでそれを今買う必要があるのか?」

これをしっかりと説明して、
明確に応えているサイトかって部分です。

市場で売れていようが、全てをかなえる万能薬だろうが
それを見た人が、知った人が価値に感じなければ、
まったく意味がありませんので、

それを「価値と思う」「今必要だと思う」
そのように伝えれているサイトこそが、
しっかり接客が出来ているサイトだと思いますし、

今、この状態で、Googleがもっとも必要としている
訪問者と作成者の間に価値が生まれているサイトになります。

ビジネスの本質っていつも言ってますが、
突き詰めると、

単純に「物を売る」方法はどうやれば良いだろ~ってことで、

2014年以降もっとも大事なポイントになってくると思います。

一年後、2014年が終わるこの時期に、
「自分は勝ち残った!」「生き残った!」そう言えるように、

もう一度しっかりと学んで行きましょう!!!

それこそ私と私の仲間で作ったLUREAが発売1年経ちますが、
2014年こそ、この教材のパワーが本領発揮する年だと思います。

もう一度、読み返したりしてみてくださいね。

LUREAをまだ持っていない方、興味がある方、購入を検討している方は、
ご遠慮なく、私に質問くださいね^^

アフィリエイトの総合テクニック「LUREA」はこちらです。

アフィリエイトを1から学んで成果を出せる「LUREA」

 

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

ブ、ブログじゃ言え無い・・・マメボーwの稼ぎの秘密を公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

トップページへ戻る⇒アフィリエイトで稼ぐ!アクセスアップSEO術

One Response to “2014年以降!アフィリエイトサイトが生き残るために気を付ける部分”

  1. マメボーさん

    おはようございます。とらきちと申します。
    いつも拝見して勉強させていただいております。

    Googleのアップデートは良いように捉えたいですね。
    本物のサイトだけが生き残り、情報を求めている人が本当に欲しいものだけが生き残る。

    そういう方向に進んでいるのは、歓迎すべきことです。
    いただいたアドバイスを参考にして
    サイト作りに活かしていきたいと思います。

    ありがとうございました。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ