「価値のない質の低いコンテンツ」を解除した手順(私の場合)

その時歴史が動いたGoogle手動ペナルティ「価値のない質の低いコンテンツ」を私のサイトで受け、解除までに行った手順や方法をご紹介します。


こんにちはマメボーです。

前回長くなったので、次回ってことにしましたが、

今回の「価値なしコンテンツペナルティ」で
私が行った解除までの手順などをご紹介していこうと思います。

やはり、この部分の質問が一番多くって、
アフィリエイターなら明日が我が身かもしれませんしね^^;

何かの参考になればって思っています。

特にですね。
被リンク系のペナルティと違ってコンテンツ系のペナルティは、

ガイドラインを見るとわかりますが、
範囲が広いので、

どの部分を指摘しているか特定するのは本当に困難だと思います。

しかも以前に記事で紹介しましたが、
Googleの当事者達がコンテンツペナルティがきたら作り直した方が早いって
回答するぐらいですし。。。

前回の記事
アフィリエイトサイトはGoogleから厳しく審査されるのか?

そもそもペナルティと指摘されている理由が、

アフィリエイトについて触れているのか、
記事の書き方などで重複しているのか、
ブログそのものの構成か、
はたまたテーマに問題があるのか、

この部分を教えてくれないので、
ある程度、運営歴が長く記事が多いアフィリエイトブログなら
どれにでも該当してそうな気になってしまいます。。

私も被リンク系のペナルティは経験がありましたが、
コンテンツ系は初で、

しかもこのメインサイトは、すでに850記事近くあったので、
理由を見つけるのは無理だろうって諦めていたりしたんです。

だからこそ、一応今回、回復しましたが、
まだ半信半疑の部分もあったりします。

今回ですね。
本当にいろいろな方からアドバイスをもらったのですが、

私の中で一番にしっくりきたというか、
原因はこれでは無いかって思ったのが、


「ボリュームがあってコンテンツがしっかりしていても
あまり価値の無い記事や類似記事、アクセスが極端に少ない記事が
混ざっている場合はペナルティにつながりやすいってものです。」


この部分です。

これは以前にメルマガの中だけでお伝えしましたが、
あるアフィリエイターさんの仮説を参考にしています。

私のメインサイトは運営して4年、
最初の2年は毎日記事を書いて、その後も1日置きに欠かさず
更新していたブログです。

誰かの記事をコピーしたり、
ズルしたってことはありませんが、

作り続ける中で、調子が良い記事もあれば、
まったく反応が無い記事も当然ありますし、

ホットな話題の記事は誰かと若干被ったり、
すでに必要ない昔のニュース記事や

またシリーズ記事やリメイク記事
例えば毎月のアクセス数の紹介とか、毎年書いたPing送信一覧とか
そういった記事があります。

それらを更新して、作り続けるうちに、
そういった記事が自然と出来てしまった可能性も多いにあるって思いました。

特に今回はその辺を意識して改善させました。

まず、私が最初に行ったのは、
アフィリエイトタグの見直しです。

特に以前に紹介して完売した商品や教材を中心に削除し、
今後、紹介していく商品と紹介しない商品を選別して整理しました。

次に昔のニュース記事関連や重複してそうな記事です。

例えば、パンダアップデートが発動!とか、
GoogleとYahooが統合とか、

歴史を刻む上で重要だな~って思ったのですが、
そういった昔の記事もバッサリ削除しました。

で、重複で1つ思ったのですが、

他人のサイトとの重複よりも
同一者の重複の方が厳しく罰せられるかもって思ってしまいました。

例えば、WordPress関連の記事があったとして、
私の場合は、このメインサイトとWordPressの使い方サイトと

賢威サポートのサイトを所有していますので、
どれもWordPressの内容に触れているんです。

コピーしなくても書く人が同じなら
どっかで内容が被ってしまう場合もあって、

やりようによっては検索エンジン上で、
サイト達を独占的に埋め尽くすことも可能だったりします。

同じ著者内とかウエブマスター上で同一人物かは判断できますので、
悪気が無くても、それぞれにしっかりした記事でも、

やり過ぎると
検索エンジンを荒らしているって思われるかもしれません。

今回は、そういった記事もぼちぼちあったので、
その辺もガツンと削除しました。

で、一番の問題が、
しっかり書いたつもりでも価値の無いと判断された記事を
どうやって判断するかってことです。

古い記事や重複してそうなものは見ればわかりますが
しっかり書いているのに価値がないもの・・・

もともと何かしらで価値があるって思ったから書いているのであって、
他人がどう思っているか判断するのは難しいですよね。。

ウエブマスターやアクセス解析を見れば
ここ最近の記事は何となく見えますが、それを全部の記事で判断することは
不可能だったからです。。

判断は闇雲に記事を消すしか方法は無く、
私の中で諦めた部分でもあったのですが、

あるプラグインを偶然に入れていたことで私は救われました!

ここで、ほんとNHKの「そのとき歴史が動いた」の
テロップを入れたいぐらいですが^^

そのとき歴史が動いた

ほんと、ここに気づいて改善した後、
再審査で合格することができましたので、
これが中ったら私は回復できなかったかもしれません。

それが、これです

WP-PostViews

ほんと昔から「これなんだっけ?」って思っていたのですよ。
他のサイトでは出ていなくて、
何かのプラグインってことはわかっていたのですが、
今まで気にもとめていなかったんですよね。

今回も途中まで気にしていなかったのですが、
途中で「あ!これ総アクセス数か!」って思ったんです。

調べると人気記事ランキングを表示するプラグイン「WP-PostViews」の
オプション機能で、

導入したときからの累計アクセス数を記録してくれる
もののようでした。

で、調べたら、2010年に自分でも記事を書いていました^^;
⇒人気の記事ランキングを表示するプラグイン『WP-PostViews』

まったく覚えていなかったのですが、
これ見て、あ~昔使っていたな~って思い出したぐらいです。

そのプラグインがずっと残っていたようで、
今回は、ほんとこのプラグインに救われました^^

これを見ながら、アクセスが少ない記事を見つけて
削除って感じで進めて、

その後に見事、再審査で合格することが出来ました^^

どちらにしても現在検索順位は復活して、
アクセスも戻ってきています。

私のペナルティ期間は約1ヶ月、
終わってしまえば、めでたし、めでたしと素直に言いたいところですが・・

今回、私が削除した記事は、

850記事中約500記事・・・で、、

850記事の中の1つの記事が悪さをしていたのかもしれませんし、
それとも別の原因だったのか、

それはわかりませんが・・・
とりあえず500記事の削除と残りの全てを見直すことで、
改善することができました。

あ~、、約2年半分ぐらいの努力の結晶を飛ばしましたし、
本当は1000記事達成の記事を書くのを楽しみにしていたんですけどね。。

それもお預けになってしまいました。。

でも今回、復活できて良かったですし、
それ以上に得るものは大きかったです。

たぶん。。。ここまで削除すれば、
以前のパフォーマンスに戻るまで、ほど遠いと思いますが・・・

また作る楽しさが出来ましたので、
ぼちぼちやって行こうと思います。

と、言っても
まだ「再審査を処理」って言葉に引っ掛かっていますが・・

今は生きています^^

もう、こんな思いはしたくないな・・・って思いつつ・・
とりあえず「WP-PostViews」を入れようってお話しでした。

で、いつもなら、ここでWP-PostViewsの使い方やインストール方法を
説明したりするから重複になってしまうんでしょうね。。。

インストール方法はWordPressの使い方の方が参考にしてください^^

 

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

ブ、ブログじゃ言え無い・・・マメボーwの稼ぎの秘密を公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

トップページへ戻る⇒アフィリエイトで稼ぐ!アクセスアップSEO術

2 Responses to “「価値のない質の低いコンテンツ」を解除した手順(私の場合)”

  1. こんにちは浅葉といいます

    去年、アンリミテッドアフィリエイトを
    マメボーwさん経由で購入したものです。

    勉強のためサイトを見て回っています。

    850記事中、500記事を削除は
    私だったら気がおかしくなってしまいます。

    しかし、めげずに

    ほかの人が知らないノウハウを
    蓄積されているようなので
    そこがまたすごいです。

    時々、伺いたいと思います。

    人気ブログランキング、
    応援クリックしました。

    • マメボーw より:

      浅葉さん
      コメントありがとうございます。
      これでリフレッシュになれば良いのですが、、
      頑張って行きます
      応援ありがとうございます。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ