検索エンジンで時間が経った古い記事がいつまでも上位表示している理由

検索エンジンで時間が経った古い記事がいつまでも上位表示している理由一生懸命に更新を頑張っても、被リンクを送っても、どうしても古い記事に勝てず、なぜか上位表示し続けるサイトがあります。なぜそのサイトは上位に居続けるのか!?

 

こんにちは、マメボーです。

「なぜ更新されていない古い記事が上位表示しているのか?」

本日はこんな質問を頂きましたので考えていこうと思います^^

一生懸命にサイトを作っているのに・・

記事も毎日更新しているのに・・・

内容もこっちの方が良いのに・・・・

なぜか全く更新していないサイトに順位で勝てない、
追い越せない・・・

サイト運営を行っている方なら誰もが遭遇する現象だと思います。。

頑張っているのに・・成果が出ない・・・
ほんと悔しいですよね><

私も同じサイト作成者の1人としてこの気持ちは良くわかります^^;

ただ反対に私はその逆もたくさん見てきており
過去に作った何気ない記事がヒットして、

そこからずっとアクセスを呼び込めているものもあります。

Googleって天の邪鬼の複雑さんですので、狙うとなかなか出来ませんが・・・
この違いって何なんでしょうね^^

私が思っている原因は2つあって、

その1つは、単純に検索エンジンのシステムがまだ未熟で、
完全には感知出来ていないってことです。

上位に君臨するサイトがそのバグを完璧に攻略出来ているか不明ですが、
うまい感じで特性を理解している、又は偶然出来ているサイトです。

「え?」って思うペラページや全く関係無いサイトが
自分より上位に表示されているのはこの現象で、

ペンギン・パンダと精度が上がるにつれて徐々に無くなってはいますが、
まだ多少残っていると思います。

これはGoogleも認めていて、
「まだ完全じゃないので、今後頑張ります!」って発言しており、

そのうち無くなるとして、

もう1つの
更新されていないのに上位表示できている理由は、

「なんだかんだ順位に見合った価値を提供できている」
からだと思います。

新しい記事、更新しているサイトが必ずしも
求めるユーザーにマッチしているとは限らないってことです。

じゃー更新しなくてもOK、放置でOKってことではないですが、

更新しなくても、その記事が何らかの形でユーザーに求められており
少なくてもGoogleはそう思っているからです。

Googleがそう決めている要因は様々にあると思いますが、

簡単に図れるものとしては、

■検索順位に見合ったクリック率や訪問率

■訪問したアクセスの滞在時間

■その記事から他の記事をみたりなどの誘導率

■その他、ソーシャル性や被リンクなど外的要因

この4つだと思います。

最後の「外的要因」については、みなさん頑張っているSEOの部分ですが、
他の3つは、訪問者が決める部分なので、こちらから操作できない
本当の生の評価になります。

1つ1つ説明していくと

検索順位に見合ったクリック率や訪問率

これは、検索1位のときと、検索5位のときでは
当然クリックされる数が違います。

Googleはこれも計算していますので、その順位割り合いのクリック率がないと
市場に必要とされていないと判断します。

これはGoogleも認めていて、
「Googleハネムーンなど意図的に上位表示させることはあるが
そのパフォーマンスを維持できなければ順位は下落する」
って発言しています。

上位に表示するために検索エンジンを意識した
キーワードの詰め込みタイトルも大事ですが、

上位を維持するためには、人間に向けた魅力的な
キャッチコピーも必要になります。

訪問したアクセスの滞在時間

これは、そのサイトにアクセスした人が
しっかりそのサイトを見ているかってことです。

自分が思っているサイトと違った内容ならすぐに離脱されますので、
そのサイトがマッチしているかの判断材料になります。

車の情報が欲しかったのに内容が料理だったらイヤですよね^^;

ただ長ければ良いってわけでも無いようですが、
適切な時間読まれていることは評価の対象になります。

サイトの滞在時間が大事って言われているのはこの部分ですので、
サイトクオリティーや質を上げて、アクセスを引き留める施策が大事になります。

その記事から他の記事をみたりなどの誘導率

最後に直帰率ともいわれますが、
その記事を通して、何ページ見たか、どのように閲覧したかの割り合いです。

これはGoogleは判断していないって言っていますが、
私は意識しているのでは無いかって思ってます。

その記事を通して、そのサイトがどんな内容が書かれているか
関連した魅力的なコンテンツがあるか判断していると思います。

特化サイトが強いのはこの部分ですが、
一度誘導したアクセスに対して、

特化型サイトはそのアクセスに興味のある項目を多く提供できるので、
アクセスを閉じ込めやすいです。


 

以上が、私が考える上位表示できている理由です。

私の所有しているサイトでも古い記事で上位表示できているのは
だいたいこの理由に当てはまるんですよね^^

Googleって気持ち悪いほど進化していますし、
いろいろな心理的な特許もたくさん持っていますので、

人間ってこういうときは、こういう動きをするってことを
計算しているんでしょうね^^;

怖いというか、凄いというかですが、
検索エンジン恐るべしですね^^;

一番に重要なのは、アクセスに見合った価値をどれだけ提供できるかですので、
キーワード比率や被リンクの数や質も重要ですが、

サイトの価値を考えると自然とアクセスは増えると思います^^

順位が安定しないな~って方は
是非参考にしてみてくださいね^^

 

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

ブ、ブログじゃ言え無い・・・マメボーwの稼ぎの秘密を公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

トップページへ戻る⇒アフィリエイトで稼ぐ!アクセスアップSEO術

One Response to “検索エンジンで時間が経った古い記事がいつまでも上位表示している理由”

  1. goose より:

    マメボーwさん、はじめまして。
    gooseといいます。

    記事タイトルに興味を惹かれ読み進めました。
    すごく勉強になりました。

    サイトクオリティーと滞在時間の重要性がよくわかりました。

    また訪問させていただきます。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ