Googleの品質ガイド違反ペナルティからの生還!一部始終を見よ!

Googleの品質ガイド違反ペナルティからの生還!一部始終を見よ!Googleから不自然なリンク(不正リンク)による品質ガイド違反、警告ペナルティがきていましたが、無事に解除してもらえました。その解除事例をご紹介します。


 

こんにちは、マメボーwです。

まさにフリーダム!!!

今の気持ちは、↓こんな画像がよく似合う( ´∀`)

wt0001066

なんとですね、
私のサイトが
Googleの品質ガイド違反からの

生還!!!

当サイトで密かに悩まされ続けていた、
Googleペナルティ手動による対策が解除されました^^

内心、結構ひやひやもんだったので、いや~まじでうれしいっす^^
ちなみにこんな感じで解除されました↓↓

wt0001065
(横長画像なので、クリックで拡大します)

超短期決戦だったのですが、10月3日にペナルティ警告がきて、
10月10日に再審査リクエストを送り、そして10月22日になんとか
一発合格することができました!

もともと来ていたのが完全ペナルティではなく、一部ペナルティなので、
それほど大事ではなく致命的な感じでは無かったのですが、
警告が来た以上、無視することはできませんからね。。。

無事に解決できて良かったです^^

ことの発端ですが、ウエブマスターに手動による対策が追加された辺りから
始まっていたんですよ^^;

「手動による対策」ってのは、Googleのウエブマスターでこの頃、搭載された機能で、今までは警告が来てペナルティを確認していたのですが、
それを自前に確認することができるようになりました。

前回の記事でもご紹介していますので、参考にしてください^^
ウエブマスターに「手動による対策」が搭載!

で、この記事でも紹介しているのですが、当サイトもしっかり警告がきていて・・・
一部ペナルティを受けていたわけです^^;

そのときの画像がこれです↓↓一瞬どうしようって、思いましたが、
放っても置けないですからね^^;

wt0000780

取りあえず、↑の図で参照リンクが載っている「サイトからの不自然なリンク」を解決しようと、該当URLを消して再審査リクエストを送ったのですが、
その後、一向に音沙汰がなく、

どうなったんだろうって思った矢先に・・・・

wt0001067

送られてきました。。。
Googleからの正式な警告メールが・・・・

しかも違反している実際のURLの例まで添えて頂き、
ほんとご丁寧にあざーーーすヾ(´Д`ι)アセアセ

ウエブマスターの「手動による対策」機能もそうですし、
こういったURLをつけての警告メールもそうですが、

なんとなくペナルティ警告が身近になってきた感じですね^^;

昔って「警告=サイトの死」を意味しており、
建前上の警告だけで二度と解決できないって感じでしたが・・・

今は、Googleもしっかり話を聞いてくれて、再審査のレスポンスも向上しましたので、例などを頼りに対処できるようになったと思います^^

 

どちらにしても、こうなったらやるしか無い!!

さて警告のURL例からなんと無く原因はわかっていて、
さて、どうするかな~って感じだったのですが・・・

って、いうのもちょっとですね。腰が重い理由もあってですね。。

ブログ運営歴3年・・・マジメにブログを作って、気がついたら
こんな感じになっていたわけです↓↓↓

screenshot_27

被リンクが36万件∑(゚д゚ノ)ノ エッ!!

この中から、該当のリンクを探すのかって思っただけで・・・・
気が遠くなりますし・・・

今回一部ペナルティなので、大きなアクセスの減少もなく、
一瞬無視しようかって心が折れそうになるのですが、

でもやるしか無いですし、
これを放置すれば致命的になるかもって思いから

ウエブマスターから該当している悪い被リンクを洗い出し・・・・
1つ1つメモ帳に記録・・・

約1週間かけて36万件全ての被リンクを洗い出しました^^;

 

待望のあいつを出動させるぞ!

被リンクをすべて洗い出したところで、
ここから出てくるのが・・・・

去年Googleウエブマスターに追加されたあれ、「被リンク否認ツール」です!

被リンク否認ツールについては、こちらで確認ください
Googleが、不自然な被リンクを無効化するツールの提供を開始しました。

wt0001068

こんな感じで、10月9日の日に送信!

一応私が送った、否認ツールの内容です。
参考になるかどうかわかりませんが、一応記載しておきます。

#ウエブマスターから怪しい被リンクの疑いがあるとの警告があり見直しました。
#リンクを確認しましたが以前に「○○○」や「○○○」と言われる自動相互リンクツールを利用した際に自動的に付随したリンクで、その後、相手がシステムに登録するために、私のサイトにリンクされたものだと思います。
#システムを削除することで自動的にリンクは消滅するとマニュアルに書いていましたが、システムの削除後もリンクが消えず運営会社に連絡をしましたが取りあって頂けませんでした。
#リンクについては相手に連絡が取れずこちらで外すことができませんでした。

domain:****.jp
domain:****.jp
domain:****.jp

http://********
http://********

その後、自分で取れそうなリンクはすべて外して、
再審査リクエストへGO!

被リンク否認ツールは9日に送信して、1日おいて
10日に再審査リクエストを送信しました。

被リンク否認ツールを利用したこと、警告による経緯や謝罪、
ガイドラインを見直したこと今後もうしませんって誓いなどなど、

反省の意を込めて、
熱い再審査リクエストを送信しました^^

ここは非常に恥ずかしいので公開しませんが、
基本的にはウソは通用しませんので、とにかく丁寧に、
経緯を素直に話して謝罪と反省を述べましょう^^

間違いは誰にでもあるさ人間だもん(●´ω`●)

そして、反省できるそれが人間だもん(●´ω`●)

 

そして、待つこと数日・・・・

wt0001070

「おお!ジーザス!」

朝のメールを見て思わず叫んでしまいました!
Google先生、本当にありがとうございます^^
心は入れかえます^^

wt0001069

無事に当サイトの全てのペナルティを解除することができました^^

一瞬どうしよう・・って思いましたが、
冷静に対処すればペナルティは怖くない!!

むしろGoogleが気軽!?に警告を送ってくれるようになったのか、
致命的になる前に改善できるようになったのかもしれません。

コンテンツ系の警告は見えづらい部分もありますが、
被リンク関連は、警告がきたら素直に外してあやまるのが一番だと思います^^

同じように警告がきている方は
是非参考にしてくださいね^^

 

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

ブ、ブログじゃ言え無い・・・マメボーwの稼ぎの秘密を公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

トップページへ戻る⇒アフィリエイトで稼ぐ!アクセスアップSEO術

3 Responses to “Googleの品質ガイド違反ペナルティからの生還!一部始終を見よ!”

  1. 園山恭平 より:

    マメボーwさん、こんにちは。
    いつもサイトとても参考にさせていただいています!

    この多数の人たちに参考にされるサイトがペナルティをうけるなんて、
    被リンクがあるにしてもグーグルもなんというか、残酷ですね・・・

    しかし、生還おめでとうございます!

    そして・・・
    36万被リンクのチェックって・・・ 相当すごいですね!!

    メモ帳に書いて・・・ と記載されていましたが、
    まさか、全て目視で確認ですか?????

    マメボーwさんのガッツの素晴らしさを感じさせていただきました!
    お疲れ様です!

  2. たけやん より:

    いやはや、よかったです。
    読んでいてヒヤヒヤしました。(笑)

    本当にメインサイトを運営している者にとっては、
    「死の宣告」
    ですよね・・・。

    私もいつ同じような警告を受けるかわかりませんが、
    マメボーwさんの報告を参考に、
    普段から最適化を心がけて構築していきます!

  3. 生還おめでとうございます。

    自分のサイトがこうなったとき

    マメボーwさんの記事を参考にさせていただきます。

    応援ポチ

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ