SIRIUSのサポートや相談はお任せあれ!最近の購入相談【まとめ】

SIRIUSのサポートや相談はお任せあれ!昨日ですが、久しぶりにSIRIUSの購入相談をスカイプで受けました。SIRIUSは日本語URLは可能か?WordPressとSIRIUSの違いは?レスポンシブ対応?SIRIUSは初心者でも使えるの?この部分を回答していきます。


 

こんにちは、マメボーです。

昨日ですが、立て続けにサイト作成ツール「SIRIUS」の
購入相談をスカイプで行いました。

メールでの相談は結構多いのですが、
スカイプ希望で、しかも2件立て続けは結構珍しくって、

それぞれの相談の内容が、「あ、ここか~」って思った部分が多かったので、
記事でまとめていこうと思います。

随時メールでは相談を受け付けていますが、どうしても会話で決めたいとか
文字では伝えられないって場合は相談くださいね。

15分や30分程度なら、だいたい時間は作れますので、
希望があれば、スカイプなども大丈夫です^^

お気軽に、いつでもOK~!とはいえませんが、
なるべく希望にあった形で対応していきます。

それでは、昨日頂いた購入相談をまとめていきます。

Q1.SIRIUSで日本語エンコードURLでのサイト作成は可能か?

SIRIUSは、日本語ドメイン、日本語.comとかお名前.netとか
日本語URLの利用はもちろん可能ですが、
WordPressのパーマリンクのように日本語でエンコードしたURLは、
利用出来るのかって質問です。

早い話が↓こんなURL形式です。

SIRIUSで日本語エンコードURLでのサイト作成は可能か?

ブラウザーでは日本語で表示され、テキストで張り付けると 
「%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%82.html」とかになるやつですね^^

WordPressなどを利用している場合、パーマリンクの設定で、
カスタム構成や投稿名にしておくと記事名がそのままURLになりますので、
簡単に日本語エンコードしたURLを作成することが可能です。

http://日々の日記.com/心境/今日は天気だ.html

とかこういったURLを簡単に作成することが出来ます。

では、SIRIUSではどうなのか?ってことですが、
結論からいえば、「日本語URLは出来ます!」

結論からいえば、「日本語URLは出来ます!」

SIRIUSは、カテゴリーや記事ページで自由にURLを作成することが可能で、
ここは日本語エンコードも対応しています。
正確にはVer1.102で対応しました。

ですので、WordPressと同じようなパーマリンク設定が可能です。

Q2.SIRIUSのモバイル変換はレスポンシブ対応か?

次に、SIRIUSのテンプレートはレスポンシブ対応していないのか?って質問です。

SIRIUSのテンプレートはレスポンシブ対応していないのか?

SIRIUSは、マルチデバイス方式でスマホ用とパソコン用サイトに分けますので、
レスポンシブデザインには対応していません。

現在は、モバイル可といえばレスポンシブが支流ですが、
SIRIUSが開発当時は、レスポンシブはまだ流行っておらず、
それで対応しなかったと考えられます。

風の噂でレスポンシブテンプレートを作っている噂もあり、
追加テンプレートとして販売されるかもしれませんね^^

レスポンシブについてですが、去年ぐらいに
「Googleが良いよね~」的な発言をしたので一気に流行しましたが、

レスポンシブじゃないとダメってことでは無く、
あくまでダメなのが、モバイル用として別URLで表示する方法を非推薦にしています。

例えばですが、
トップページが「http://example.com」で、
同じトップページのモバイル用が「http://example.com/moba」とか
昔、どうしても携帯用の容量制限があったので多く見られましたが、
こういったのが重複になるので辞めようってことみたいです。

SIRIUSですが、マルチデバイスで、見る端末によって、
スマホ用、携帯用、パソコン用と自動認識で表示させ、
それはボタン1つで、ON/OFFが可能になっています。

またURLも同一で表示させますので、
レスポンシブ対応じゃなくても問題ないと考えて大丈夫です。

むしろレスポンシブは、デザイン変更はスムーズですが、
別のタグを表示したり、違う広告を出したりするのが難しいので、
アフィリエイトサイトに関しては、マルチデバイスの方が使いやすいと思います。

Q3.WordPressとSIRIUSと何が違うの?

「WordPressでもサイトは作れるけど、SIRIUSでわざわざ作る理由とは・・?」
これは、昨日だけじゃなく結構頂く質問です。

以前にですね。
こういった記事を書いたので、良かったら参考にしてください。

矢印SIRIUSと賢威の比較レビュー 初心者向けはどちら?

私もサイト作成は、WordPressとSIRIUSの両方を使っていますので、
どちらが良いってことは言いませんが、
2つを使い分けることで作成効率を上げることが出来ます。

WordPressの利点は、記事の更新のしやすいさです。
インストールしてしまえば、どこからでも記事が書けますし、
プラグインなども揃っていますので、いろいろな感じのサイトを作ることが出来ます。

記事検索なども優れているので、過去記事管理なども楽ですし、
長期的な更新型のサイトを作るなら非常に使いやすいです。

ただ、どうしてもインストールや設定の手間がかかったり、
必ずサーバーのMySQLを消費しますので1つのサーバーで作れる数に限りが出てきます。

バックアップなどもデータベースなども絡んできますので、
もし仮にエックスサーバーで30サイトのWordPressを作って、
サーバーエラーで全部引越しようと思ったら、もう気が狂いそうな作業が発生したりします。。

1つでも引越は面倒なのに、×30個とかもう無理っす。。

なので、長期的な更新するサイトなら良いですが、数を多く作ると考えると
扱いが結構面倒になってきます。

その点、SIRIUSはHTMLサイトなので、データー自体はパソコンの中にあり、
サーバーの引越の際でもFTPの情報を書き換えるだけで簡単に行えます。

MySQLなども利用せず、HTMLならデーターも軽いので、
サーバー負担も無く、マルチドメインが可能な限りサイトを作り続けれます。

サイト1つ1つの作成スピードも早いので、
サクッと作って、テスト的にアップしたり、
とりあえず側だけ作っておいたりすることも可能です。

WordPressにくらべ200ページとか300ページとか
ガッチリ作りこむサイトには向きませんが、気軽に作るって部分を考えると
SIRIUSの使い勝手はずば抜けていると思います。

操作性は、どちらも同じようにブログ感覚で作れるようになっていますので、
操作的な問題は両方大丈夫だと思います。

一応私の中ですが、一回でだいたい完成するサイトや
50ページ以下ぐらいはSIRIUSで作成して、
50ページ以上、100目指したいってサイトはWordPressを利用したりします。

Q4.ホームページビルダーなどを挫折・・・SIRIUSでサイトは作れるか!

「以前にホームページビルダーを購入しましたが、HTMLの知識がまったく無くて挫折しました。。
こんな私でもSIRIUSを使えばサイトを作れますか?」って質問です。

SIRIUSを使えば知識が無くても出来るか、出来ないかで答えるとすると
答えは「出来ます!」です。

その辺は、SIRIUSの操作は非常に考えられているので、
ビルダーなどに比べ簡単です。
ただ、HTMLの知識があった方が良いサイトは作れますので、
基本的な部分だけでも覚えるようにしておくと良いです。

以前にビルダーとの比較記事を書いたのでこちらを参考にしてください
icon-arrow3-rホームページビルダーとSIRIUSの比較 サイト作成ツール対決!

ホームページビルダーは、どうしてもいろいろなテンプレートに
対応させるために開発されていますので、どうしてもツールで動かない部分は
手作業での変更があり、そこで知識が必要になります。

SIRIUSは、専用テンプレートと専用ツールのセットですので、
サイトを作る工程自体は、すべてツールのボタン上で可能です。

テンプレートの側をパズル感覚で作って、あとは設定と文字を入れて行く形です。

そこからさらにレベルが高いサイトに仕上げたいなら
HTML知識を入れて作れば可能ですが、一通りのサイトなら、
SIRIUSの機能だけで可能になっています。

もともとSIRIUSが爆発的にヒットしたのは、この部分でもありますが、
特にアフィリエイトクラスのサイトを構築するのであれば、機能も使いやすさも
バランスが取れているって感じです。

以上が、昨日の質問まとめです。
さらに詳しくはレビューサイトでも書いていますので、
検討されている方は、確認ください。

SIRIUSの徹底レビューはこちらです。
SIRIUS(シリウス)徹底レビューと豪華特典案内

 

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

ブ、ブログじゃ言え無い・・・マメボーwの稼ぎの秘密を公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

トップページへ戻る⇒アフィリエイトで稼ぐ!アクセスアップSEO術

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ