Googleのモバイルフレンドリーアルゴリズムは無事に終了?

Googleが4月21日に実施したモバイルフレンドリーアルゴリズムですが、取りあえず山場は過ぎて落ちついてきました。このまま無事に終了して欲しいです。

 

ABOUT この記事を書いた人

マメボー
派遣社員に嫌気をさしアフィリエイトを開始→1年で月収100万円を超える→自身のノウハウをまとめた教材を販売し異例のヒットで日本一売れたアフィリ教材になる→その後も継続し累計4億円を稼ぎセミリタイアしました。現在はもともと節約術やネット収入や資産運用などが好きなのでその知識やアフィリノウハウをご紹介していきます。
Twitter

 

 

 

こんにちはマメボーです。

前回から告知していたモバイルフレンドリーアルゴリズムですが、
取りあえず落ちついたみたいですね!

前回の記事
>>Googleのモバイルフレンドリーの対策はしっかりお済みですか?

21日辺りから、どうなることやら超ビビリまくっていたのですが・・・
私的には大きな影響はなく、

モバイル化させてないサイトが1割程度アクセスが落ちたぐらいでした。

その他のメインどころのサイトは、ほぼ影響無しです。

落ちることもなければ上がることもなかったので・・・
ほんと無風って感じです。。。

もっと大きな変動になるとビクビクしていましたが、
今回は事前告知が結構あったのと、

もともと上位表示している、
ほとんどのサイトがモバイル化しているので、

目に見えての大きな変動は無かったのかも知れません。

ま~変動がなければそれに越したことはありませんが、
一応、調整は長期的に行っていくと発表していますので、

まだまだ油断はできないですけどね。。

このまま何もなく終わって欲しいです。。。

モバイルフレンドリーについては、
4月16日に行われたウェブマスターオフィスアワーでも
取り上げていますので参考にしてみてください。

>>ウェブマスター オフィスアワー

モバイルアクセスは、もはや無視できない存在ですし、
私の作っているサイトでも90%以上がスマホからの
アクセスってジャンルも多いです。

いくらPC側の検索で上位表示できていても
モバイル検索で順位を落としては致命的ですからね。。。

またモバイルアクセスって
購買意欲が高いアクセスが多いので、

アフィリエイトサイトなら尚更意識しないといけなかったりします。。。

今後、もっとも意識しないといけないのが、
モバイル側の検索順位ですので

モバイルフレンドリーの対応は絶対としても
モバイル版はどういった感じで見えているか、
見やすいかなどチェックするのが大事です。

特にですが、PCサイト側で目立つ場所として
サイドバー上などがありますが、

モバイル化するとサイドバーが下に表示され、
広告の意味がなくなる場合もあります。

モバイルメインのサイトなら、
サイドバーはあってないような感じですので、
コンテンツ側に広告を移動させたり、

できるならPC側とモバイル側で広告の配置などを変えていくと
成約率も一気に上がります。

私もこの頃はモバイルを意識したサイトを作ることが多いので、
サイドバーには、カテゴリーぐらいしか入れず、

極力、コンテンツ側でサイトを往き来できるように考えたり、
グローバルメニューをカテゴリー代わりに使ったり、

広告や商品紹介も記事側から行うように意識したりしています。

PCサイトはさりげない広告の方が効きますが、
モバイルはちょっと派手なバナーの方が効きが良かったり、

サイトの状況でいろいろとテストしてみると
ベストポジションが見えてくると思います。

ほんと数年前は考えられなかったですが、
完全にスマホ時代に突入で、

私もサイトを作る側じゃなかったら、
パソコンなんかいらずスマホで十分ですしね。。

ほんと時代って奴ですね!!!

どちらにしても、今後もっとスマホが当たり前になり
便利化していきますので、スマホメインのサイト構成を考えていきましょう!

コメントを残す

CAPTCHA