アフィリエイトのサイトで上位を狙うなら読ませる文章が大事!

アフィリエイトのサイトで上位を狙うなら読ませる文章が大事!検索エンジンの進化で文章力、コンテンツ力が必要と言われる時代になってきました。長く書くとか詳しく書くってことじゃなく、感情を入れた読んでもらえる文章が必要になります。


 

こんにちは、マメボーです。

ここ最近、サイトを作っていて、強く思うことがあるので、
ちょっと書いてみようと思います。

ほんと、ここ最近って、コンテンツというか読ませる文章って大事だな~
って思うんですよ。

なんか検索エンジンの進化なのか、コンテンツ、コンテンツって
言われてきましたが、

ほんと読める文章こそ、最終的に生き残り上位に登ってきたりします。

表現はちょっと難しくて「●● 比較」とか「●● 最安値」とか
大手独占のキーワードでは早々無理ですが、

本当に需要が集まるキーワードとか、動きがある、必要とされるキーワードこそ

ガチっとしたコンテンツを作っておけば、最初は難しくても
徐々に徐々に上にきて、

安定アクセスを供給してくれるようになります。

例えば新しい情報とか新商品とか出て、
一斉にサイトを作ったり記事を書いたりしますが、

最初って、どんなに頑張っても大手独占だったり、
SEOをしかけているサイトが上にきて勝てないですよね。

早く記事を書いてアップした方が良いのはわかりますが、
しっかり調べれば調べるほど、内容は濃くなる分、
世に出すタイミングも遅れてしまいます。

大手に先をこされ、出すタイミングが遅れれば、
当然、良い順位はもらえるはずも無く、最初は惨敗なのですが、

でも、しっかり作ったコンテンツこそ
その後、1ヶ月後とか、数ヶ月後に徐々に変化が現れて、

1つ、1つ順位が上がっていきます。

気がついたら、結構なアクセスがそこから流れてくるようになっていて、
そのアクセス元を調べたら、

そのサイトでも、ちょっと頑張って書いた記事とか、個性的な記事とか
「あ~やっぱこれか~頑張って書いたよな~」って

納得出来る記事から皮切りにアクセスが流れてきているケースが多いです。

被リンクとかSEO的なことはしていなくても
ちゃんと読まれている記事が、ちゃんとキーワードに
引っ掛かってくれるんですから

検索エンジンって凄いって思います!!

検索エンジンは、キーワード的な部分や被リンクなど外部SEOの他に、

クリック率やページ滞在時間、離脱率とかいろいろな部分から
評価を決めていると言われていますが、

ただ、滞在時間が長いだけとか、クリック率が多いだけとか、
システム的な見方じゃなく、ちゃんと人間の動きにちなんだ、
滞在時間とかクリック率を見ている気がしています。

って、それってどんな仕組みよ!!!って考えれば考えるほど、
ちょっと気持悪いですが、

どこが良く読まれているかとか、どこが重要なのとか、
わかっちゃんですかね。。

「お~こわ(;∀;)」

まだまだSEOガチガチのペラページが上位独占をしている部分もありますが、
丹精込めて作ったサイトがしっかり評価してくれるなら

そんなに嬉しいことはないですよね!!

今後必要になるのは、被リンクよりもコンテンツ力!
ライティング力ですね!!

ま~これって前々から言っていますが、
コンテンツというか、心のある、気持がある文章が大事だと思います。

サイトアフィリとか、どうしても記事が単調になったり、
解説的なサイトが多く、

特に外注さんとかに頼むと内容は濃くても
心が無かったりする文章ってありますよね。

それをそのまま載せるのではなく、ちょっと心や感情を入れて
アップすれば読まれる率が一気にアップするかもですね!

ほんと、この部分って説明が難しくて、
だから長く書こうとか、多く詳しく書こうとか、そんなことじゃないのですが、

そのジャンルに精通した笑いや感情がある文章が
結局、しっかり評価され、上位に居座ってくれる気がします。

最初はどうしても土台作りで数が必要だったりしますが、
その中でも質をしっかり重視して、

どうせ作るなら意味があるもの必要とされるものを作っていくと
長く評価されますね。

ライティングとかコンテンツとか、「じゃ~明日からそうやって書こう!」とか
簡単に変えれるものじゃなく、

だから一番難しい部分ではありますが、1つ1つ意識してみてくださいね。

長い目で見ると変化がわかります。

 

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

ブ、ブログじゃ言え無い・・・マメボーwの稼ぎの秘密を公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

トップページへ戻る⇒アフィリエイトで稼ぐ!アクセスアップSEO術

12 Responses to “アフィリエイトのサイトで上位を狙うなら読ませる文章が大事!”

  1. こんばんは、ユイノです!

    コンテンツが重視されてきている今だからこそ、
    コツコツ頑張った人が報われるということですね^^

    私自身、その世界の方が好きです(笑)

    SEOだけで評価されては、
    地道に頑張って記事を積み重ねた人が報われないですもんね。。。

    また訪問させていただきます!
    ぜひ、私のブログにもいらしてください( ´∀`)

    応援ポチッ♪

    • マメボーw より:

      ユイノさん、お世話になってます。
      コメントありがとうございます。

      今後ともどうぞよろしくお願いします。

  2. もも より:

    はじめまして、マメボーwさん(o^^o)

    ももと申します!!
    ブログランキングから参りました!

    今後、必要となってくるのは
    ライティング力なのですね!!

    その分野に精通した感情や笑いのある文章は、意識しないと書けないので、これからは心掛けていきたいと思います!!

    それがSEO対策にもなり
    上位表示にもつながるのですね♪

    勉強になりました!!
    また訪問させていただきます♪

    応援完了です(o^^o)

    • マメボーw より:

      ももさん
      コメントありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いします。

  3. アル より:

    初めましてアルです

    最近アフィリエイトを始めました。

    頑張ってライティング力をつけてみんなに気に入って貰える記事を書いていきたいと思います。

    • マメボーw より:

      アルさんコメントありがとうございます。
      頑張ってくださいね^^
      どうぞよろしくお願いします。

  4. ao より:

    はじめまして。
    読んでためになりました。

    滞在時間を気にする人が多い気がするんですが、1分とかでも結構大きなキーワードで全然1位狙えるんですよね。

    そもそも滞在時間の計算って2ページ目以降の計算だった気がしますし、そこまで大きく関係ないかなって思ってます。

    関連記事を無理やり繋げて(本当に意味のあるものならプラス)滞在時間を増やそうとしても逆効果ですし、1記事、1記事大事に作っていくことが大切だと最近実感しています。

    そのせいで1記事5時間、6時間かかってますが、全力で書いた記事ってやりきった感があっていいんですよね。

    • マメボーw より:

      aoさん
      コメントありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いします。

  5. ちびママ より:

    こんばんは。
    人気ブログランキングから来ました、ちびママです。

    心のこもった文章を書く事が、SEO対策よりも大事と。
    そのためにコンテンツ力やライティング力が必要なのですね…。

    ちなみに、アホな質問をしてしまって申し訳ないのですが、
    コンテンツ力ってなんでしょうか?

    いまいちピンっとこなくて…
    コメント欄で質問してしまってごめんなさい…。

    また訪問にきます!

    • マメボーw より:

      ちびママさん
      お世話になってます。
      コンテンツ力の定義って難しいですが、私的には、ライティング力は読ませる文章力で、コンテンツ力は説明する文章力だと思っています。

      凄く詳しく書かれた文章=読みやすい文章ではありませんので、しっかり説明する中でも読みやすい文章の必要があるってことです。

      定義は難しいですけどね^^

  6. 25歳青年 より:

    人気ブログランキングからきました!
    率直な感想言います、
    検索エンジン脅威です。
    恐ろしいです。
    人間の心理まで把握している
    ような気がして
    うっかり記事のアップができません。
    これから、
    検索エンジンにも読んでいただけるような
    ブログにします。
    また拝見させていただきます!

    • マメボーw より:

      コメントありがとうございます。
      検索エンジンに読んでもらうって表現良いですね^^
      今後ともどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ