METAタグ集、SEO効果を狙ってこれだけは記述しよう。

aa0000762

サイトやブログを作る上で重要なのが、<head>~</head>ですね。ソースを見ないと分からない一見地味な存在ですが、実は本で言えば表紙ぐらい重要な場所なんです。その中にある、年々重要性が薄れていっているMETAタグについてまとめてみます。

METAタグとは?

こんにちは、マメボーです。
本日は、メタタグについて説明していこうと思います。

メタタグを確認する方法は、
インターネットブラウザーを右クリックしてソースの表示を選択

ソースの表示

なんか恥ずかしいですね><このブログのソースです。

aa0000764

この<head>から</head>にある、<META…>ってのがMETAタグです。

この部分はブログやサイトの言語や文字コードの指定したり
サイト説明など埋め込む事ができる部分です。

検索エンジンに向けた重要なMETAタグ集

一時流行して抜群に効果があった、『meta name="keywords』ですが、
現在はGoogleは利用していないと発表しています。

参考:ヤフーもmeta keywordsを無視していることを公式発表

いよいよ影が薄くってきたMETAタグですが、どうせ表面には見えないし、
ゼロ効果で無いのなら書いておいた方がマシ!って感覚で使えそうなMETAタグをまとめてみます。

キーワード<keywords>

サイトのキーワード、左程重要キーワード

<meta name="keywords" content="キワド1,キワド2,キワド3・・・・">

概要<description>

サイト概要や説明、検索エンジンの説明文にも使用されるのでこれは重要です。

description

<meta name="description" content="概要・説明文" />

クローラの制御<robots>

検索エンジンのクローラにどのようにサイトを読み込ませたいか設定します。
具体的には以下の設定値があります。

  制御内容
index ページをインデックス(登録)する。
noindex ページをインデックス(登録)しない。
follow リンク先のページをたどるのを許可する。
nofollow リンク先のページをたどるのを許可しない。
archive ページをキャッシュとして保存することを許可する。
noarchive ページをキャッシュとして保存することを許可しない。
noodp 検索結果の要約文にDMOZの説明文を使用しない。

<meta name="robots" content="index,follow,noarchive" />
このページはOK このページからのリンク先ページもOK

<meta name="robots" content="index,nofollow">
このページはOK このページからのリンク先ページはNO

<meta name="robots" content="noindex,follow">
このページはNO このページからのリンク先ページはOK

<meta name="robots" content="noindex,nofollow">
このページはNO このページからのリンク先ページもNO

<meta name="robots" content="noarchive">
このページは、すべてのロボットにキャッシュさせない

各検索エンジンクローラーだけを制御

Google

<meta name="Googlebot" content="index,nofollow,nosnippet" />

クローラの再訪問日の制御<revisit_after >

検索エンジンのクローラーの訪問頻度を指定(効果不明)

<meta name="revisit_after" content="○○ days" />

言語を設定する<content-language>

デフォルトの言語を設定します。以下のように設定し、日本語の場合は「ja」を入れます。

<meta http-equiv="content-language" content="ja" />

スタイルシートを設定する<content-style-type>

<meta http-equiv="content-style-type" content="text/css" />

連絡先<reply-to >

サイト作成者の連絡先を記述できます。(※スパムの餌食になるので使用しない方が良い)

<meta name="reply-to" content="連絡先 (メールアドレス)" />

著者情報<author・copyright>

文章の作者名、著作情報

<meta name="author" content="作者名" />

<meta name="copyright" content="© 著作者" />

ファイルタイプ・文字コード

文章のファイルタイプと文字コードを設定します。Shift_JIS、EUC-JP、UTF-8など

<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8" />

SEO対策で使えそうなMETAタグをまとめてみました。
ほとんどが自分がサイト作ったときにコピペ用です。。

METAは<description>以外いらなくない!?
とは言わずに積極的に記述していきましょう。

 

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

ブ、ブログじゃ言え無い・・・マメボーwの稼ぎの秘密を公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

トップページへ戻る⇒アフィリエイトで稼ぐ!アクセスアップSEO術

3 Responses to “METAタグ集、SEO効果を狙ってこれだけは記述しよう。”

  1. アフィリエイトの使えるネタ満載ブログあり@アフィリ息子 より:

    アフィリ息子です。

    おきてがみぽちっ!

    ありがとうございます^^

    METAキーワードは必要ですね^^

    僕も気を使いながら

    キーワード使ってます^^

    応援ぽちりんこ♪

  2. マメボーw より:

    応援ぽちりんこ♪ありがとうございます^^

    METAキーワードは調べれば調べるほど効果が

    薄くなっているようですね。

    YahooやGoogleは気まぐれですからねー

    いつか見直され効果が上がる日も来るかもしれませんで、

    気を抜かず入れていこうかと思っております。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ